私達は乳がんに対する治療成績の向上を通して公共の福祉に貢献することを目的としています。

JBCRG - 乳がん研究に、あなたの思いを。(5:38)

Topics

JBCRG-04発表(SABCS,09.Dec.2015) ※記者発表リンクあり

(11 December, 2015)

このたび、JBCRGの運営する日韓共同研究:CREATE-XJBCRG-04)試験の登録終了2年後の中間解析結果に関する演題が米国で開催中のSanAntonio Breast Cancer Symposium 2015Symposium(口演)として採択され、現地時間2015129、JBCRG創設者であり一般社団法人JBCRG上席理事である 戸井 雅和 教授(京都大学大学院医学研究科 外科学講座 乳腺外科学)より、口演発表がされましたことをご報告いたします。

プレス向け発表後には現地プレスにより画期的な結果として報じられるとともに、会場発表後はさまざまな国の研究者から多くの質問が飛び、世界からの注目を集めたということです。今後JBCRGでは、今回の結果についてより詳細かつ多角的な解析を進めていく所存です。

本臨床試験にご参加いただいた患者さん、および参加医療機関、関係者の皆様のご協力に心より御礼申し上げます。

今後ともJBCRGの研究活動にご期待いただき、ますますのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

(1 December, 2015)

JBCRG事務局、データセンター、名古屋分室は下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 
休業期間   2015年12月29日(火)~2016年1月3日(日)
仕事始め   2016年1月4日(月)

年内の資料請求は、12月28日(月)12:00まで
各試験の症例登録は、12月28日(月)17:00まで

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

株式会社マザープラス 様よりご寄付を頂戴しました

(20 November, 2015)

株式会社マザープラス 様は、『ママになったことで出来ること』を形成する場を提供し、チャレンジするママを応援する大阪の企業です。ママたちにも無関係ではない、乳がんの臨床研究を運営するJBCRGの趣旨にご賛同いただき、ご寄付を頂戴しました。心より御礼申し上げます。

第6回学術集会 ご報告

(18 November, 2015)

おかげさまで「第6回JBCRG学術集会」を盛況の内に終える事ができました。ご尽力いただいた先生方、ご参加者の皆様に心より御礼申し上げます。日本の臨床試験力向上のため、今後も努力してまいります。次年度もご期待ください。

日 時:2014年11月1日(日) 8:30-14:45
場 所:京都リサーチパーク バズホール

JBCRG_News201511_No2

振替休業のお知らせ 11/2(月)

(27 October, 2015)

JBCRG学術集会(11月1日)の翌日11月2日(月)は、JBCRG事務局、データセンター、名古屋分室ともに休業し、11月4日(水)より通常営業いたします。

関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Support Us

JBCRGでは活動を支援していただける方または企業を募集しております。

詳細はこちら

E-mail: donate@jbcrg.jp

ログイン