私達は乳がんに対する治療成績の向上を通して公共の福祉に貢献することを目的としています。

ご挨拶

21世紀の医療界が「Conquer Cancer, Conquer Breast Cancer」を達成するために大きく動くなか、日本の使命は乳がん医療の発展に貢献することであり、世界のオピニオンリーダーのひとつと評価されるだけの成果をあげることが求められています。そのためには日本の臨床試験グループがそれぞれの特徴を生かし、英知と努力を結集してAll Japanとして活動することが重要となります。Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)は設立から10年を迎え、これまでいくつもの臨床試験と臨床研究を行い学会や学術誌に報告してきました。 次のThe Second Decadeでは、国内のみならず国外の臨床試験グループとの連携をさらに強化し、世界でも高い評価を得られるべく良質の臨床試験とtranslational researchを中心とした臨床研究を遂行することを目標としております。また、若き医師・医療者の育成や、標準治療の普及・情報発信にも努めていきたいと考えています。皆様におかれましては、ご支援、ご協力のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。

がん研有明病院 乳腺センター
大野 真司

>> 続きを読む

大野真司

代表理事:大野 真司

JBCRGは乳がん領域における臨床試験を活性化し、わが国からの情報発信を行い、もって乳がん患者の診療成績、Quality of Lifeの向上を図ることを主目的として設立されました。
研究事業は多くの患者さんのご参加、いろいろな方のご支援、企業、団体のご厚意、協賛等によりまして少しずつ発展してきております。 研究の成果も徐々に論文化されつつあり、学術誌、学会、患者団体などにおいて評価を受けるようになってまいりました。全国の乳がんを専門とする施設の参加数も増え、より大きな臨床研究を実施することが可能になり、バイオマーカー研究の面では多くの共同研究が企画実施されております。また、学際的な研究も行われるようになり、医師主導型の承認申請を視野に入れた治験が実施され、海外臨床試験グループと連携した臨床試験も一段と活発になってきております。
今後は、医師主導臨床試験の推進、新規バイオマーカー開発、診療アルゴリズムの開発、数ある治療法の改良、複数のレジメンからなる逐次療法の最適化などにより、よりよい乳がん診療法の開発が進むと思われますが、JBCRGがこの様な次代の乳がん医療開発に向けて、イノーベーティブな役割を担ってゆければと考えるところです。
同時に、これからの乳がん診療では治療に伴う毒性の最小化、より効率的な診断、治療法の開発、Quality of Lifeに留意した治療システムの構築が求められています。これらはまだまだ課題の多い診療研究領域ですが、様々な専門性の異なる人が集い、新しい技術、手法やコンセプトを導入することによって、大きな進展が期待される領域でもあります。近い将来には画期的な診療パラダイムが創生されると思います。
JBCRGのメンバーはさらに乳がん医療の発展に貢献し、乳がんの克服に寄与できればと考えておりますので、ご助言、ご支援を、ご協力のほど心よりお願い申し上げます。

一般社団法人JBCRG 創設者(初代代表理事)
戸井 雅和
京都大学大学院医学系研究科外科学講座乳腺外科学 教授

>> 続きを読む

創設者(初代代表理事):
戸井 雅和

Topics

振替休業のお知らせ 11/2(月)

(27 October, 2015)

JBCRG学術集会(11月1日)の翌日11月2日(月)は、JBCRG事務局、データセンター、名古屋分室ともに休業し、11月4日(水)より通常営業いたします。

関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

Breast Cancer Awareness Month 2015

(1 October, 2015)

JBCRGは、エスティローダージャパンのご紹介で、東武スカイツリー株式会社よりグッズ売り上げの一部をご寄付いただけることになりました。
http://www.tokyo-skytree.jp/press/post-77.html
http://www.tokyo-skytree.jp/press/upload/9dd1f401a5fd57be0bc2d346d811977d_1.pdf

今夜はスペシャルライトアップです。ぜひご覧ください。   

〔開催案内〕第6回JBCRG学術集会

(8 September, 2015)

本年もJBCRGでは、乳がん臨床研究に携わる医師・CRCの先生方を対象に、研究者・医療者教育による日本の臨床試験力向上をめざし、「第6回JBCRG学術集会」を開催いたします。ぜひお誘いあわせてご参加ください。

日 時:2015年11月1日(日) 8:30 - 14:45 予定
(開場・受付開始 
8:00~)
場 所:京都リサーチパーク西地区4号館B1階 バズホール
参加費:無料
対象者:JBCRGの研究に参加されている施設の医師およびCRC

主催:一般社団法人JBCRG

※会員各位へはお申込方法・プログラムをメールでご案内しております。施設責任医師の先生方は、ご施設内でのご周知をお願い申し上げます。
※申込締切10月23日(金):定員150名に達し次第締め切ります。

JBCRG-M05(PRECIOUS) 試験開始のお知らせ

(6 July, 2015)

本日よりJBCRG-M05(PRECIOUS)試験の資料請求受付を開始いたしました。会員の皆様へはメールにてお知らせ致します。

Neo-LaTH(JBCRG-16)発表が日経メディカル「癌Experts」に掲載されました ※リンクあり

(5 July, 2015)

2015年7月2日(木)~4日(土)開催の第23回日本乳癌学会学術総会で、千葉県がんセンター山本尚人先生がシンポジウムで発表されたSY-2-11-04「HER2陽性乳癌における術前Dual-HER2 blockage療法±ホルモン療法の検討(Neo-LaTH, JBCRG-16試験)」が日経メディカル「癌Experts」ニュースに取り上げられました。 ※記事全文を見るには会員登録が必要です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Support Us

JBCRGでは活動を支援していただける方または企業を募集しております。

詳細はこちら

E-mail: donate@jbcrg.jp

ログイン